薬剤師アルバイトの現状

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する高度専門職業人である。

–¼Ì–¢Ý’è-2

現在日本でこの資格を得るには6年制の薬学部を卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければならない。短大では受験資格を得ることができません。そして毎年3月末に、2日間行われる国家試験を突破しないと免許をとれません。また大切なのが、薬剤師は人の健康に非常に密接な関わりを持ち、万が一のリスクもあるということです。その専門性の職業から薬剤師アルバイトは時給が高いと言えます。地域にもよりますが、アルバイトの時給は2000円以上になります。時給を比較すると1500円~3000円程度と、大きな開きがあるのが特徴です。これは、勤務先ごとの設定、地域性などの違いがあると言えます。例えば、時給が1500円の調剤薬局でも、仕事は薬剤師そのもの処方箋にあわせて調剤・つぶし・一包化といった薬剤師にしかできない仕事が中心になります。また時給2500円のドラッグストア調剤とドラッグ併設の場合、薬剤師といえども、調剤だけの仕事とはなりません。

 

ただこのアルバイトは今後どんどん希望者が増えてくるものと思われます。薬剤師の資格を持っていれば、その技術を使って様々なところで高い給料を貰いながら働けます。今後は勉強とアルバイトの両立を考えて自分の条件にあったアルバイトを選ぶことが大事になります。

Comments are closed.