知っておこう -薬剤師求人-

今、大学受験において「薬学部」を選択する受験生が非常に増えています。

 

薬学部の倍率は昔に比べると跳ね上がっています。薬学部を卒業すると「薬剤師」になれます。この薬剤師に大きな魅力があるために薬学部を受験する学生が後をたたないのです。この魅力を説明するために薬剤師求人の基礎知識を説明します。まず、薬剤師は給料が非常に良いです。薬剤師として就職すれば高収入が見込めます。また、薬剤師求人の基礎知識を説明する上でもう1つ欠かせないのが、「薬剤師はパート等でも充分稼げる」ということです。結婚後、正社員として働くのは厳しいけれどパートぐらいはしたい、という方が薬剤師の場合にはとても良い仕事があります。ドラッグストアなどでは常に薬剤師を募集していることが多く(需要に対し供給が少ない)、職に困ることはまずありません。また、薬剤師の時給は普通のパート・アルバイトに比べるとはるかに良く(普通のパートが850円くらい、薬剤師は2500円くらいもらえます)、待遇も良いです。

 

こういった現状から、薬剤師求人の基礎知識を知っている受験生から薬学部が非常に人気があります。賢い選択だと思います。今は就職難な時代であることから、絶対職に困らない資格職が非常に人気があります。薬剤師もその中の1つです。

 

これから受験、そして就職を目指す若い人たちには現代の就職の厳しさとその解決策をよく知ってもらい、その上で悔いのない選択をしていってもらいたいものです。